グラビティの新作MMO『ラグナロクビギンズ』が12歳ユーザー対象のレーティング審査の審議を通過した。

ラグナロクのIP(知的財産)を生かした、35番目の新作である「ラグナロクビギンズ」は、最近発売された新作とは異なり、PCプラットフォーム基盤のMMORPGということがわかった。

昨年G-STARでグラビティは「ラグナロクX Next Generation」、「ラグナロククルセイド:ミッドガルドクロニクルズ」等を準備中だと述べていた。
そのうち、PCMMORPGでは「ラグナロククルセイド:ミッドガルドクロニクルズ」が唯一の為、「ラグナロククルセイド:ミッドガルドクロニクルズ」のタイトルを変えて申請した可能性あると思われる。

今回審査を通過した『ラグナロクビギンズ』が今後正式発表される可能性が高いと思われる。今後の情報に期待です。

 

高性能PCを買おう!
おすすめの記事