誰でも簡単にCS:GOのサーバーを建てる方法【ConoHa】

ゲームCSGO, steam

今まで有料FPSゲームの Counter-Strike: Global Offensive(以下:CS:GO)が無料でプレイ出来るようになりました。

そんなCS:GOですが、個人でサーバーを建てるとなると、サーバーを建てるツールの準備だったり、ポート開放等準備が大変です。
また、個人使用のパソコンの場合、知識が無いと、セキュリティの部分で心配になります。

今回はVPSで有名なConoHaを利用し、上記問題を一気に解決し、誰でも簡単にCS:GOのサーバーを建てる方法を紹介します。

ConoHaでは2019年8月28日(水)からCS:GGOのサーバーテンプレートが提供され、本記事では、このテンプレートを使用してサーバーを建てる方法を詳しく紹介します。




ConoHa プランについて

サーバーを建てる前にまず、ConoHaの料金プランを検討する必要があります。
※CS:GGOのサーバーテンプレートは512MBプランでは利用できません。

どの規模で遊ぶかよって料金プランは変更しますが、少人数で遊ぶ場合でも2GB以上のプランをおすすめします。

ConoHaの嬉しい点として、月額料金ではなく、月額の上限が来るまでは1時間あたりの利用料金を払う仕組みの為、適切なプランでの契約を実際に稼働させ確認でき、何度でも作り直しが出来ます。

CS:GOサーバーの構築方法

ConoHaにCS:GOのサーバーをインストール

1.ConoHaのコントロールパネルにログインし、「+追加」をクリック
2.各項目を選択後、「追加」をクリック
※イメージタイプをアプリケーションタブから「CSGO」を選択

追加オプションはそのままで問題ありません
3.構築が完了するまで待機
数分かかります。
※5分以上経過しても構築中となっている場合、ページを更新してみてください

CS:GOゲームサーバーログイントークンの発行

1.Steam ゲームサーバーのアカウント管理にアクセスし、各項目を入力後「作成」をクリック
ベースゲームの App IDには「730」と入力
2.ログイントークンを控えておく

CS:GOサーバーの設定(起動)

1.CSGOサーバー用のネームタグをクリック
2.サーバーのIPアドレスを控えておく

3.「コンソール」をクリック

4.サーバーにログイン
ユーザー名は「root」
パスワードはサーバーを追加した際の「rootパスワード」項目で入力したパスワードです
ログイン成功画面

5.CS:GOの起動する為に下記のコマンドを入力

/opt/csgo/csgo_server/setup_server.sh

6.ゲームサーバーのログイントークンを入力

7.起動完了



CS:GOでサーバーに接続

1.「Play CS:GO」をクリック
2.「Communitty Server Browser」をクリック
3.「Favorites」タブを選択し、右下の「Add a Server」をクリック
4.サーバーのIPアドレスを入力後、「Add this address to favotites」をクリック
5.追加されたサーバーダブルクリックで接続

 

サーバーの構築は以上となります。